シガーチャージャーのスタイリング。
シンプルで使い勝手が良く、ギラギラしないことを目指しました。
必要最低限の要素を無駄なく、綺麗に繋ぎ、若干の形状的なズレが適度なホールド感を生んでいます。
ギラギラしたプロダクトが多い市場で、パッケージも極力飾り立てないように分かりやすく仕上げ、
とってもよく売れました。
本当によく売れました(大事なことなので何でも言いたい)。

シンプルでも個性はつくれる、というのを体感できたプロジェクトでした。
「売れるいいモノを作る」という当たり前のことを再認識したのも大事な出来事です。
一緒に取り組んだ大場さんとは、お互いに会社は変わりましたが今も仲良しです(片想いかも)。